有料VPNと無料VPNの違いとは何?無料でも安全なVPNはあるのか?

今日は有料、無料のVPNの違いについて!

海外在住者とは切っても切れない『VPN』。

でもVPNの仕組みや中身って、複雑でよくわかりませんよね。笑

いくらVPNを使え使えと言われても、自分のライフスタイルに合っていなければ高い買い物になってしまうかもしれないし…

できる限り『無料で済ませたい』って人も多いはず。

そこで不安になるのが、安全性ですよね。

タダより怖いものはない!と言いますが、本当に無料VPNって危険なのでしょうか。。。?

今日はここについて掘り下げてみました!

複雑な説明をできる限り省いているので、VPN初心者でもすっと入ってくると思いますので、ぜひ参考にしてください^^

そもそもVPNとはなんなの?

全ての説明を省き、簡単に言うと、、、

あなたが今、ネットでアクセスしている場所を、別の場所からのアクセスに見せかける(偽装)ことができるサービスです。

VPNって違法じゃないの?

いやいや、それって違法では???

ってなりますよね(笑)

実は合法です。

そもそもVPNとは、ネットを使うすべての人に利用が推奨されている『セキュリティ対策』として使うもの。

フリーWi-Fiなどでやり取りする情報は、盗み見や改ざんのリスクがありますが、あなたの情報を匿名にして、そのリスクから守ってくれるのがVPNです。

治安の悪い路地を通過したい時、そこを身一つで通るのは危険ですが、タクシーがあれば安心して通れますよね?

VPNとは、そのタクシーに当たる役割を果たしてくれます。

フリーWi-Fiって危険なの?

え?まって、スタバとかのフリーWi-Fiって危険なの???って思う方も多いかも知れません。

個人的には、『危険だ!!死ぬぞ!!!』

…とは言わないけど、あなたの個人情報を守るという意味では決して安全ではないよって感じですね。

私は別に国家の諜報機関に自分の情報は漏洩していて良いし、見られても気にしません。笑

グーグル神も私の情報は熟知してるでしょうが、それを嫌だ!とも特に思わない。

ただ、第三者にカード情報や銀行口座情報を見られるのは絶対に嫌ですよね。

その危険性はフリーWi-Fiにはあるよ、ということ。

そのフリーWi-Fiを使っても、あなたの情報を匿名性にしてきちんと守ってくれるのがVPNです。

なので私はフリーWi-Fi使うなら、必ずVPN通します。

有料VPNと無料VPNの違いって?

安全性と、通信量制限があるかないか、です。

安全性とはなんぞやって話は後述しますね。

無料VPNにはノーログポリシーの会社が少ない

上でも書きましたが、VPNサービスは、ユーザーの情報の匿名性を守ってくれるサービスです。

でもVPN会社そのものはユーザーの情報を保持(記録)していることが多い。

これは運営上、仕方ない部分はありますよね。

しかしながらこれってつまり、VPN側はあなたの情報を見ようと思えば見ることができるということ。

じゃあ視点を変えて。。。

無料のVPNってなぜ無料なんでしょうか。

開発者や運営費は、どこで賄っているのでしょうか…??

そりゃーもちろん、『広告を置くか』『ユーザーの情報を転売するか』

広告を置くだけなら別に良いですけど、情報転売されたら嫌じゃないですか???

そこで、『転売なんて絶対にしませんよ』『そもそもあなたの情報は保持しませんよ』と約束しているのが『ノーログポリシー(ログなしポリシー)』です。

つまり無料のVPNでも、このノーログポリシーの会社はある程度安心して使えるということですね。

そして無料VPNには、このノーログポリシーの会社が超少ないんです。

これが『無料VPNは危険だ』と言われている理由と思われます。

 

無料のVPNネコって安全なの?

 

わかりません。

でもノーログポリシーは明記されていないので、あなたの情報は残っている可能性は多いにあるし、仮にその情報を販売して収益を賄っていたとしても文句は言えませんよね。。。

無料なので…

無料でも安全なVPNはあるの?

あります!

上記の通り、人によって何をもって『安全なのか』が違うので一概に言えない部分はありますが、少なくともノーログポリシーを明記してるVPNは存在します。

ノーログポリシーの無料VPN

ProtonVPN

ProtonVPNは有料VPNサービスですが、無料お試しコースがあるんですよね。

これって結構大きくない??

なお、無料で使用する場合、1つのVPNのみの接続で通信速度は中速に制限されます。

TunnelBear

私はこれが好きでした!(笑)

可愛いから!!ばーん

ノーログポリシーもめっちゃわかりやすくHPに書かれていますね。

ただし毎月500MBまでの通信制限があります。

hide.me

こちらもトライアルだけではなく、毎月無料で使えます。

登録やサインアップなども不要。

1ヶ月に10GBまで通信可能です。

Opera

こちらはブラウザして有名ですね。

デフォルトで無料で利用できるVPNの機能がついています。

完全無料で通信量も無制限。

設定がややこしいのがちょっと難点。

結局VPNは有料と無料、どっちがいいの?

これはVPNを使う頻度や量にもよると思うんですよ。

私はVPNを常に使う人間なので、基本的に無料VPNを使用するという選択肢はありません。

現在はNordを使っていますが、海外の大手VPNはスペックが高い分、ストリーミングサービスには常に目を付けられていることから、Netflixなどからブロックを受けるリスクもあります。

VODVPNの戦い【最新】Netflix(ネットフリックス)がVPNで見れない!視聴可能なVPNは?

日本のVPNは、スペックもコスパも平均以下ですが、マイナーが故、ストリーミングサービスに相手にされておらず、ブロックを受けにくい、というメリットもあります。

日本語対応&日本円の支払いも可能だし…

なので、普段使いや仕事でVPNを使うなら、海外VPN一択だと思いますが…

black tablet computer turned on displaying VPN【2021年最新】海外VPNサービス(キャンペーン情報)比較!随時更新中

海外から日本の番組やエンタメを見るためだけにVPN契約を検討している人は、日本のVPNの方が良いかもしれない。

ただ、ちょっとした検索をしたい、海外のIPブロックを受けているサイトにお問い合わせを送りたい、とか、そのくらいの使用量であれば、上記の安全な無料VPNでも十分だと思うんですね。

ぜひご自身の生活スタイルに合ったVPN導入を検討されてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: コンテンツは著作権により守られています。