0歳児と長距離フライト!元CAが語る!飛行機の機内持ち込み必須リスト

イリウダです。

当記事は、以下の「子連れ旅行の機内持ち込み最小限リスト」に、0歳の子供との旅行で実際に便利だったものを追記しています。

【永久保存版】子連れの飛行機!機内持ち込み最小限リストを元CAが語る!

娘が0歳の時、一次帰省で日本とブラジルを往復し(母娘2人のみ)、世界一周分の移動をしました。

その中で本当に便利だったものを厳選しています。

駐在、仕事、旅行などで、これから子連れの長時間フライトを控えている方はぜひ参考にして頂けると幸いです。



赤ちゃんの身の回り品バッグとは?

まず最初に「赤ちゃんの身の回り品バッグ」について書いておこうかな~と。

2歳以下の赤ちゃん連れのママには、通常の身の回り品の他に、「赤ちゃん用の身の回り品」として持ち込み手荷物が一つ多く認められている航空会社が多いです。

2歳以下の子供は膝の上で抱っこをするので、航空券代無料・または超少額で搭乗することが可能ですよね。

だから、多くの方が「持ち込み手荷物の数も認められていないだろう」と思われがちなのですが…

実際は赤ちゃん連れこそ荷物が多くなる!爆

それは航空会社も当然把握していますので、その分考慮されます。
※航空会社にもよるので、必ず確認しましょう。

ブラジルの航空会社は、全ての航空会社で「赤ちゃん用の身の回り品バッグ」が追加で1つ認められていて、今回、私が利用したデルタ航空でも認められていました。

  1. 自分の機内持ち込みスーツケース1つ
  2. 自分の身の回りのもの1つ
  3. 赤ちゃんの身の回り用バッグ1つ

合計3つのバッグを機内に持ち込めます。

なのでこの記事では、この3つのバッグにどのような内訳で何を入れたのかを書いていきたいと思います。

では、いきますね!

自分の持ち込み手荷物用スーツケース



機内に持っていきたいけど、座席で頻繁に使うわけではないものを入れます。上の棚に収納。

  • 予備の粉ミルク
  • 予備のおむつ
  • 予備の着替え(赤ちゃん用)
  • メイク用品
    ※目的地到着後、受託手荷物受取前に、空いている広い化粧室でゆっくり行う方がラクです。
  • 受託に入れたくない大きなもの
    ※ドリームスイッチとか、PCとか。日本で手に入れたブラジルで買えない大きめの大切なお土産など。

自分の身の回りの物バッグ



足元(前の座席の下)に置いておくバッグです。

  1. 折り畳み可能な小さなポーチ
  2. 筆記用具
  3. 好きなお菓子
  4. 自分応援ポーチ(アロマ・ハンドクリーム)
  5. タオル(大・小)

これは必ずバッグinバッグを徹底しているもので、両手が開くように方に斜め掛け出来るタイプの物を使っていますね。

パスポートや貴重品は、基本トイレに行くときも私は絶対に自分の体から離さないようにしています。

というのも、機内での盗難は結構あるから。爆

CAとして乗務していた時も何度か自分のフライトで遭遇しましたし、世界で一番強いパスポートである「日本のパスポート」は、思っている以上に犯罪者からの需要が高い…爆

貴重品管理は機内でもしっかりしましょう。

なお、私はこの画像の斜め掛けバッグを使っていますが、これはあくまでも機内で貴重品を入れるためのポーチであり、貴重品を入れたポーチを常時バッグの中に入れているわけではありません。

空港を歩いている時は、このポーチをバッグの中で折りたたんだ状態で収納しておき、機内に入ってから貴重品をポーチに入れ替えています。

なぜこれをするのかというと、機内で「このポーチに貴重品が入っている」と気が付いた犯罪者が、到着空港で私のバッグからこのポーチだけを狙って盗む可能性があるからです。

なので目的に到着したら、機内にてまた貴重品をバッグ内のポケットに移し、このポーチは折りたたんで収納します。

画像の商品は、こんな感じで折りたためますよ^^

赤ちゃんの身の回りの物バッグ


  • おしゃぶり
  • おむつ
    ※当時は半日に6~7回おむつ変えをしていたので、14時間のフライト1便につき10枚入れていました。
    次便の分は乗り継ぎの間に持ち込みスーツケースから都度補充。
  • ウェットティッシュ
  • 着替え
  • 体がくるめるメッシュのタオル
  • 大きめタオル
  • 小さめタオル
  • 体温計
  • 常備薬
  • 保湿クリーム

お勧めの座席はどこ?


エコノミークラスの場合、私は子連れで乗る際は「普通席」がおすすめですね。

前方に設置される「バシネット座席」は、一見子連れに良さそうに見えますが、アームレストが上がらないのでせっかく子供が寝てくれても横になれないし、荷物は手元において置けないし…

母親が休憩するには都合が悪い、不便な座席なんですよね。

そして何よりも。

機内前方は「早く降りたい人」「神経質な人」が多いのです。。。爆

特に日本線には子供の泣き声に耐性が無いビジネスマンも多く、CAにも伝わるほど常時ピリピリしている人も結構いるため、子連れには居心地が悪い気がします。

赤ちゃん連れはおむつ替えなどで頻繁に席を立つ必要があることから、機内後方・通路側の席がおすすめかなと。

0歳との世界一周分の移動をしてみて感じたこと


0歳との飛行機の移動で私が一番心配だったのは、「耳抜き」と「ギャン泣き問題」「寝ない問題」です。

耳抜きは、横抱きで(衝撃防止姿勢を取れる状態のまま)授乳させながら離陸すること、着陸20分前くらいの降下し始めたかな?というタイミングで授乳を始め、おむつ替えはその前に済ませるよう調整することで、特に問題は起きませんでした。

航行中のギャン泣きも、ぐずった時点でミルク or 抱っこで回避できたので、娘が0歳の時の日本ブラジル往復はそこまで大変ではなかったかも…?

まだ歩けないので走り回る心配がない分、ずいぶんとラクでした。

ただただ、スペースが狭いのと、自分のペースでは絶対に眠れないのがやはり辛かったかな。

それでもやはり、1~2歳のフライトの方がずっと大変でした~…(笑)

参考までに!

なお、年齢別のリストも作っているので、良かったら参考にしてください^^

1歳児と長距離フライト!元CAが語る!飛行機の機内持ち込み必須リスト 2歳児と長距離フライト!元CAが語る!飛行機の機内持ち込み必須リスト 3歳児と長距離フライト!元CAが語る!飛行機の機内持ち込み必須リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA