【永久保存版】海外長期滞在(留学/駐在/移住)日本での下準備リスト

こんにちは、イリウダです。

当記事では、国際結婚での海外移住、駐在、語学留学などで海外に長期滞在する方向けに、日本でこれだけは絶対にしておきたい下準備リストを作成しました。

ただ単に便利なものを並べるだけなら永遠にリストアップすることが出来るのですが、こちらでは超厳選した最小限のものをご紹介しています。

初めての海外生活や、今までの生活とはまったく価値観の違う場所に行くのはやはり不安が伴いますよね。

日本にいる間に、出来る限りの準備をしていきたい方は多いはずです。

筆者はブラジル移住前は日本で客室乗務員として年の半分以上を海外の色々な国で生活しており、そのままブラジルに移住して6年目。

そして現在も、毎年、世界一周分の移動をしています。

現在はブラジルが生活の拠点ですが、キャリア上「国境を越えた移動」や「日本以外の国で生活すること」に慣れていますので、海外長期滞在者にとって今回のリストは絶対に役に立つかと存じます。

これから海外への長期滞在を控えているor検討している方は参考にしてください^^

サービス編

Transferwise(国際送金)

Transferwiseは国際送金サービスです。

このサービスは、留学・駐在・移住など、全ての長期滞在者の「お金」にまつわる「不便」を解消してくれます。

海外に長期滞在するのであれば「必須」のサービス。

駐在に行くけど現金を持ち歩きたくない。でもお小遣いは定期的に日本の銀行から現地通貨にして国際送金したいんだよな…

留学費用を安全に&手数料最安値で現地に送金する方法はないかしら?

現地で日本円を現地通貨に変更するたびに、いちいち換金所に行くのが嫌だな…しかも、レートに手数料を上乗せさせられるし…

治安の悪い国に行くことになるから、日本のクレジットカードを使うのは悪用されるリスクがあってが怖い。出来るだけローカルバンクのデビットカードを使いたいんだけど…

こういう悩みが全て解決します。

Transferwiseを使うと、本当の為替で国際送金をすることができるので、手数超を最小限に抑えることができるんです。

銀行を通して国際送金する方法(留学の費用振り込みなど)よりも場合によっては8倍以上安く済むことも普通にあるので、海外に長期滞在する予定のある方は必ずアカウントを準備しておきましょう。

以下のリンクから登録すると、初回送金手数料が無料になります。

Transferwiseは送金毎に手数料がかかること(それでも銀行に比べて格安です)手数料は送金金額で変わってくるので、留学費用などまとまった金額を一度だけ送金するのであれば、初回手数料無料の特典を利用することで、最小限のコストで国際送金をすることができます。

Transferwiseに特典付きで登録する

現状、Transferwiseを超える国際送金サービスはありません。

類似サービスに「RemessaOnline」というブラジルのサービスがありますが、Transferwiseの方が機能面から見ても日本人には合っているでしょう。

いずれにしろ日本と海外で送金をするのであれば、Transferwiseのアカウントを持っていれば間違いないです。

長期間海外で生活をするものの、留学や駐在でいずれ日本に帰る人や、日本の銀行から円を現地通貨に変えて現地で使いたい方は「日本の住所」で登録を。

既に海外に拠点を移していて、外貨で収益を受け取りたい方や外貨で貯金をしたい方は移住国の住所で登録を。

Transferwiseについては当ブログでも色々と書いているので、ぜひ参考にしてください。

Transferwise関連の記事を読む

Facebookアカウント(wifi接続用)

海外のフリーWi-Fiへの接続は、日本のシステムのように意味不明な登録等は必要ありません。

Facebookアカウントが一つあればどこでも簡単にwifiに繋げられますので、wifi接続用としてアカウントをお持ちでない方は用意しておくといいと思います^^

持ち物編

SIMフリースマホ

日本でも格安スマホの大頭で普通に店頭に並ぶようになりましたが、海外のSIMカードのシステムってめちゃくちゃシンプルで、デバイスのSIMカードを入れるところに現地で購入したSIMカードを挿入すれば、なんの設定をしなくても普通にスマホが使えるようになります。

スマホ事情やwifi事情は、日本よりもよっぽど海外の方が簡単で使いやすい仕組みになっていますので、使い慣れた日本のSIMフリー携帯を一つ持っていれば、現地で携帯事情に困ることはありませんよ!

海外対応ACケーブル(PC持参の方)

海外にパソコンを持ってくる方のあるある問題なんですが…

日本で購入したPCのバッテリー(ACアダプター)は海外電圧に対応していても、その先につなぐACケーブルは100Vのみって事がほとんどなんですよね。


引用元:https://item.rakuten.co.jp/griptone/ya0a112/

こちらのケーブルも海外対応にしておかないと、お手持ちのPCに負担がかかってしまいます。

PCを持っていかれる方はこちらもきちんと準備しておきましょう。

ラップホルダー

日本の生活に慣れている方にとって、海外では、必ず!!!!!!!!!

ラップ問題にぶち当たることになります。

日本のラップの切りやすさはノーベル賞ものです。

あのかゆいところに手が届く技術をそもそも海外に求めてはいけません。

黙って現地のラップを日本風に切りやすくするホルダーを持っていきましょう。

そんなに大きくないのでそこまで負担にならないはず^^

海外でもラップやアルミホイルは30cmのものが多いため、私は「ラップ用」「アルミホイル用」「クッキングシート用」に30cmタイプを3つ準備しました。

食品関連

食品関連は長期滞在するのであれば、出来る限り現地で調達するのが吉。

今はアジアンショップで基本の調味料等はほぼ揃う国が多くなっています。

ただ、場所によっては和食がマジで手に入らない地域もあるのは事実。

醤油・味噌はなんとか手に入るけど、ごま油やオイスターソースは一日中探し回ってようやく見つかる。。。ソースや鰹節などはもう不可能。

…みたいな地域に、実は私自身も住んでおりまして(笑)、その感覚でこれがあると便利だな~~~というアイテム、日本から毎年持ってきているものをご紹介しますね。

焼きそばの素(粉末)

これはね、めっちゃ便利です!!!!!

焼きそばはもちろん、ハンバーグのソース、オムライスのソース、お好み焼き、たこ焼き、串揚げなどを作った時にも、超手軽に日本の味が楽しめます。

しかもこちらは「粉末」なので、スーツケースの場所も取らないし重さも液体に比べて圧倒的に軽い!!

ご飯を作るのが面倒な時でも、パスタに絡めるだけで手軽に焼きば風の食事が出来る!!!!!

私は自己判断で冷凍庫で保存しているのですが、一度の購入で次回帰省まで持ちます。

めんつゆ

粉末だと「ほんだし」なんかが該当するんですが、こちらは現地でも購入できる国が多い。

でも「液体状の麺つゆ」はなんだかんだで生活を2段階くらいラクにしてくれるので、重いんですけど毎年10本は持って帰ってきています。(笑)

生活がラクになるって大事だと思っていて。。。

お料理好きな方や、あまり料理をすることにストレスを感じない方は要らないかもしれません。

小さなお子様連れの海外在住者さんはとても楽になると思います~。

子供連れの方編

ドリームスイッチ

これは海外在住に限った話では無いのですが、子供の寝かしつけって、もはや刑罰を受けているのか?ってレベルの絶望感を感じることってあるじゃないですか。爆(炎上しそうですけど)

私の場合は寝かしつけで平均3時間(最長5時間)かかる子だったので、完全にノイローゼになっており、藁にも縋る思いで導入しました。

結果、ストレスが8割減少。

寝かしつけのストレスが原因で常に出ていた蕁麻疹も治りました。

海外の電圧が不安になると思いますが、正常に使えています。

以下、ドリームスイッチを海外で使うことについては以下で詳しく書いていますので参考にしてください^^

ドリームスイッチは海外電圧で使える?ブラジル(110V/220V)で使ってみた

ユニクロの肌着シリーズ

日本の肌着は非常によく考えられていて、特にユニクロの肌着は使いやすいです。

これは出産祝いのプレゼントしても、現地人にものすっごい喜ばれますよ!!

毎年プレゼント用に購入しています。

海外での長期滞在を上手に生き抜くコツ

現地調達が基本

これが海外での長期滞在に最も重要な点かな~と。

現地で調達できるものは全て現地で調達するようにしましょう。

日本の便利さに慣れてしまっているので、どうしても最初は比較をしてしまうと思うのですが、単純に現地人がその土地で普通に暮らしているのですから、あなたにできないはずがないんですよね。

分からなければ人に聞く!!!!!!

とにかく日本への依存を出来るだけ早く断ち切ることが、海外での長期滞在をラクにするコツです。

言語より度胸

また、海外で上手に生きるコツとして、「言語習得」に執着しすぎないことも重要。

語学留学や「語学」をしに海外に行く、とか、語学を習得したい!!仕事をしたい!!という目的ならその限りでは無いですが、駐在や移住はあくまでも「生活」です。

滞在期間と言語能力のマウント程、海外長期滞在において意味のないものはありません。(日本人にとても多い)

机上では現地語が完璧に近いのに、なぜか孤独でずっとネットサーフィンしている日本人は腐るほどいるし、現地語能力はイマイチでも現地人の友達が多い日本人は多いですよ。

言語はただ単にコミュニケーションツールでしかなく、あくまでも相手は人間なのです。

完璧な言語や正しい文法にこだわり、勉強のために引きこもるよりかは、知ってる言葉をガンガンその辺の人に使ってコミュニケーションをとろうとする「度胸」の方がずっと大切。

言語は目的を達成するためのツールでしかないことを理解しておくとラクになります。

なんとか現地語で話をしようとする外国人に冷たくする現地人って、実は皆さんが想像するよりもずっと少ないです。

ほぼほぼ誰かしら助けてくれますので、耳と口と手足を使いましょう。

現地のコミュニティを大切にする

これも大事。

日本にホームシックにかかってしまう方も多いかもしれませんが、郷に入っては郷に従え。です。

現地のコミュニティはちょっと大げさかなと思う位尊重しましょう。

現地人に溶け込めるような服装を心がける(犯罪に巻き込まれにくくなります)、現地人が好む食べ物は挑戦してみる。

現地人が使ってるアプリは使ってみる。現地人の誘いにはなるだけ乗る←超超超重要

海外生活に慣れると、日本よりも生きやすい国って実はたくさんあるということに気が付くはずです^^

せっかく海外に長期滞在するチャンスがあるのですから、ぜひ楽しい滞在を!