自分より若い『実力者』に焦りがちな人へ。

 

アフィリエイター、フリーランサー向けの記事書きました。

この記事は、仕事・育児しながら副業されている方とか、私のような『専業じゃないフリーランサー(環境的にできない)人』のための記事です。

特に、『ママ』『パパ』の立場で副業に取り組んでいる方に読んでいただきたいです。

 

若い実力者は、実際に本当に実力者である。爆

いや、本当、最近思うんですけど・・・

 

今の10~20代前半の人って、なんであんなにスゴイんですか?(笑)

 

私は最近30歳になったんですけど、私が10代の時なんて、スポーツのことしか考えていませんでしたが?(笑)

いかにして勝つか、どうやったらもっと強くなれるのか?ってことしか頭に無かったのに、今の10代の子たちって、プログラミングとかやってるし、ビジネス展開とかガンガンしてるし。

すごすぎなんですけど(笑)

 

最初に言いますね。

私は、若き起業家や(若くなくても)、フリーランサー、ブロガーなど。

彼らのブランディング術だったり、ライティングスキルだったり、SNSの使いこなしだったり、本当に尊敬しています。

特に、『スピード感』。

これは本当に本当に尊敬しています。

 

マジで君達。

SUGEEEEEEEよ。(笑)

 

が。

時に彼らの実力と勢いは、私のようなアラサーママには、焦燥感をガンガンと注ぎ込んでくれるのです(笑)

 

 

参考にする人を探し始めたらキリがない。

新しくブログやネットを使った副業を始める方は、やはり『ロールモデル』の存在が大事になってきます。

こういうロールモデルがいないと、何から始めればいいかわからないし、道筋ももちろんですが、そもそもどうやって『歩くのか』が分からないと、何もできないですからね。

私にも当然『メンター』の存在がいるんですが、どんどん作業を進めるうちに、どんどんネットの情報に触れ、こんなことに気が付くと思うんです。

 

イリウダ

・・・てか、すげぇ人、いっぱい居すぎじゃない?(笑)

 

最近本当に思うんですが、『職業』がステータスになった時代は、もうとっくに終わっているんだな~と・・・

ビジネスの最先端と言われている、サンフランシスコで活躍する起業家とか見ると、それが確信に変わります。

 

ちょっと脱線しましたが、何が言いたいかと言うと、上を見たらキリがないってことです(笑)。

 

自分より下を見て、安心感や優越感、自分の存在意義をそういうことでしか計れない『マウンティング種族』が哀れなのは明らかですが、常に上には上がいる、と言うように、上を向いてもきりがないんですよね。(笑)

 

・・・それでも、自分を奮い立たせ、努力をできるんだったら良いんですが・・・

多くの場合、すごい人と比較して、『自己嫌悪』に陥り、せっかくモチベーションが高かったのに手が止まったり。。。

努力をしたくても、そもそも毎日の生活を回すので精いっぱいで、物理的に時間が取れなかったり・・・

で、また自己嫌悪に陥る・・・

そういう負の無限ループにハマってしまう人も結構いると思うんですよ。。。

 

・・・でもこれじゃ、
やっぱり元も子もないと思うので、こういう『自己嫌悪』『焦燥感』をぬぐうために、私が実践していることをご紹介します。

 

 

1、ロールモデルは少人数に、不要な情報はカットする。

そのために必要なのは、とにかく情報を意識的にカットすること。

 

これね、参考にする人、メンター、ロールモデルが増えすぎると、集中できなくなります。

一人か二人までにとどめておいた方が良いです。

特に、駆け出しは。

 

単純に、すげぇ人っていっぱい居すぎなんですよ(笑)。

全員のこと見てたら、時間がいくらあっても足りません。

 

自分に今、必要な情報だけに集中して、あとは見ない。

もしくは、時間が取れそうなときにまとめてみる。など。

情報を自分でコントロールしていかないと、次から次へと色々な情報が入ってきて、頭が痛くなってしまいます。

 

 

SNSは時間を決めて閲覧すべし。

私はプライベートでSNSを使うことって、今までほとんどなかったのですが・・・

最近サイト運営にあたって、その重要性を痛感し、まじめに勉強し始めました。(笑)

 

が。

 

誘惑が多い。

広告が多い。

時間を消費しすぎる。爆

 

これ。

 

SNSの大問題点です。

 

特に、上でも書きましたが、参考になる人は挙げればきりがなく、さらには、そういう方は有益なことをシェアしていることがほとんどなので、とにかくインプット量が多すぎて、自分の作業まで手が回らない。

それで終わればまだマシなのですが・・・

この『すごすぎる実力者』を見ることで、それだけで消耗してしまって、やる気がなくなってしまう、予定していた作業を行う時間が無くなってしまう、など、自分自身に悪影響を及ぼす場合も多々あります。

 

なので、

SNSは時間を決めて閲覧するべきです。

本当に。

 

私は毎回30分まで、と決めているので、タイマー使っています。

タイマーを使用することで、余計なリンクにその場でジャンプすることなく、必要な情報だけ拾って、後で読むべきリスト、にまとめておくことで、予定していた作業が、SNSの閲覧のせいで出来なくなる、ということが無くなりました。

 

 

その人にはその人の優先順位がある。

自分の理想像を考えることは大事。

やはり、人と比べて後悔したり、悩んだり、立ち止まって自己嫌悪に陥ってしまうよりも、前を向いて『行動』し始めた方が、当然ですが、生産的ですよね。(笑)

 

いやこれ、

わかっちゃいるんですが、
できないこともあるでしょう。

でも、最低でも『凹む時間を決める』っていうのは大事かと思います。

 

私は『娘の前ではPC,スマホは使わない・触らない、出さない』という縛りをあえて作っているので、平日の限られた時間しか作業時間を確保することが出来ず(それでも恵まれている方)。。。

終わらせたいタスク、調べておきたいこと、など。

あとちょっと、
あとちょっとで良いから、作業時間が欲しい・・・

できれば2カ月くらい、
いや、そんな贅沢は言わない。

 

24時間で良いから、

誰にも邪魔されずに、

ぶっ続けで作業したいよーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

 

・・・と思うことなんて、毎日です。(笑)

 

でも実際には、娘が幼稚園から帰ってきてから寝るまで、自分のことはおろか、1分たりとも息をつく暇は無い。

そして、そういうパパママは、ごまんといるはず。

 

でも。

でもですよ。

 

『子育て』『家族の時間』は、

やっぱり優先順位の一番にしたいと思いません?

 

・・・少なくとも私はそうです。

 

一緒に笑う家族がいるって、幸せなこと。

 

自分が相手の立場に立った時、万が一仕事(しかも副業)で放置され過ぎたら『愛されてない』って思っちゃいますし、それが続くと、自分も相手に対する愛情は薄れていきます。

人間ですから。

 

まだ小さくて、紅葉みたいな手を一生懸命あげて『だっこ!!だっこーーーー!!!!!』と言っている娘のことは、全力で抱っこしてあげたいし、夜、娘が寝た後に、一記事仕上げたいな~と思っていても、夫がワイン片手に『ミスタービーン観よう^^』とか言ってきたら、一緒に観たい。(笑)

 

 

仕事(しかも副業)のために、

 

一番大事なものを失うなんて、


絶対に嫌
です。

※そもそも仕事嫌いの私が、
『仕事のために何かを失う』なんて、あってはなりません。爆

 

だから、

いっくら仕事に集中したくても、
終わらせたいことがあっても。。。

どうしてもどうしてもどうしても!!!

それよりも優先したいこと、しなくてはいけないことが、立場によってはあるのです。

・・・と私は思っています(笑)。

 

 

今の環境で、
できる限りのことをする。

 

環境が違えば、確保できる作業時間はそれぞれ違います。

つまり。


環境が違えば、
目標の達成にかかる時間だって違うのです。

 

なので、パパ、ママみたいな、

こういう『最も忙しい立場』にある人が、

専業で一日8時間以上、または、自分の決めた時間に、

自分がやりたいだけ集中してパソコンに向き合えたり、

静かな場所でガンガン記事量産したりできる環境の人達と比べてしまうのは、

ただただ自己嫌悪に陥るだけで、意味がありません。

 

兼業アフィリエイター・ブロガーの方には、家事・育児をやりながら取り組まれている人も多いはずです。

家事だけ、ならまだマシですが・・・育児。。。

 

 

育児。

 

育児がある人は、育児無しでやっている方と比べてはダメです。

本当にダメです(笑)。

マイナス思考に陥るだけですから。(・・・と自分に言い聞かせている(笑))

 

自分のペースでって言うのは甘え。

 

とか言ってくる人も、たまーーーにいるかもしれませんが・・・

そういう人って大抵、一人でスタバとか、旅とか、セミナーとか行ける人じゃありません?爆

 

この層と、
『パパ』『ママ』の役割がある人は、もうね、180度世界が違います。

 

『親』じゃない人に『親の立場』の何が分かるんだよって話です。(笑)
※たまにパパママ層でもいるかもしれませんが(笑)、そういう人はただの神ですから。爆

 

だから比べちゃダメなんです。

 

我々、作業時間が物理的に、立場的に、本当に作りづらい層は、それぞれの生活の中で、優先順位を色々考えながら、どうにかこうにか時間を絞り出していき、それぞれのペースでそれぞれの努力をする必要があるのです。

 

だから、今、自分よりも若い超実力者(独身または子供なし)の勢いに焦りだけ感じて、なかなか作業が進まないあなた。

私もまぁまぁそれです。ばーん(笑)

 

安心してください。

あなたのような人は、絶対に一人ではありません。

我々『親の立場層』は、我々のペースで、着実に前に進もうじゃないですか!!!!爆

 

・・・ということで。

そんな心の葛藤の記事でした。(笑)

ママ・パパ駆け出しフリーランサーに届け~~~(笑)

 

会社員1年目から複業でお給料以上を稼ぎ
躊躇なく寿退社・海外在住を選んだ

本業・家族第一主義者
イリウダの複業講座

今の環境を絶対的に犠牲にせずに
\ 無理なく・自分らしく成功する /